ジャン・レイ容疑者の顔画像は??山形県で中国人男性が詐欺未遂か??

金融機関の社員に装い山形市に住む70代の男性から現金2000万円をだまし取った疑いでジャン・レイ容疑者を逮捕しました。

この事件について事件の詳細や顔写真やネットの反応をまとめました。

スポンサーリンク

ジャン・レイ容疑者のプロフィール

名前 ジャン・レイ

年齢 25歳

国籍 中国

職業 無職

事件の概要

金融機関の社員らをかたって、山形市に住む70代の男性から現金2000万円あまりをだまし取ったとして、中国人の男が逮捕されました。

逮捕されたのは、住所不定、無職の中国人、ジャン・レイ容疑者(25)です。
警察によりますと、ことし6月、仲間と共謀して、山形市の70代の男性に金融機関や建設会社の社員をかたって電話をかけ、「金融庁の監査を免れるには、現金を管財人に預ける必要がある」などとうそを言って、現金2000万円をだまし取った疑いが持たれています。
警察は捜査に支障があるとして、認否を明らかにしていません。
男性は、ジャン容疑者らにだまされて先月、現金2000万円を都内のアパートに郵送し、再び2000万円を送るよう指示されたため、金融機関を訪れたところ、職員が不審に思って警察に通報したということです。
その後、警察官が現金を受け取ろうとしたジャン容疑者を詐欺未遂の疑いで逮捕し、その後の調べで2000万円をだまし取っていたことが判明したということです。
警察は、自宅の電話を留守番電話に設定するなどして、特殊詐欺の被害に遭わないよう呼びかけています。

引用:https://www3.nhk.or.jp

最近よく詐欺容疑での逮捕報道を目にしますよね。

詐欺被害は平成30年の記録で

平成30年(確定値)の特殊詐欺発生状況は、認知件数16,496件(前年同期比-1,716件、増減率-9.4%)、被害額363.9億円(前年同期比-30.8億円、増減率-7.8%)となった。

引用:https://www.npa.go.jp

一年間だけでもかなりの金額の被害が出ていますよね・・・

高齢者を狙った犯行が多く電話番号や住所などの個人情報が流失している可能性も考えられますよね。

詐欺被害にあわないためにもきちんと対策をしていかなくてはなりませんね!!

事件の現場になった山形市の位置情報はこちらになります。

スポンサーリンク

ジャン・レイ容疑者の顔写真、Facebookなどについて。

今回の事件の報道では顔写真などの公開は無く、SNSに関しても実名で登録している可能性の高いFacebookなどを探しましたが発見に至りませんでした。

今後発見でき次第加筆していきます

まとめ

今回の事件では2000万円という大金をだまし取られるという被害がでてしまい、詐欺被害にあわないための対策の重要性が再認識されたかと思います。

また今回の容疑者であるジャン・レイ容疑者が中国人ということにも驚かせられましたよね。

複数人での犯行ということなので今後も注意が必要ですね!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする