坂井央司容疑者の顔画像は?熊本で自衛隊員の飲酒運転、窃盗未遂発覚!

陸上自衛隊北熊本駐屯地の20代の男性が飲酒運転をして停職4か月の懲戒処分を受けました。

また同じ隊に所属していた30代の男性も空き家にお金を盗む目的で侵入し窃盗未遂で逮捕されていることがわかりました。

この事件について事件の詳細や顔写真やネットの反応をまとめました。

スポンサーリンク

事件の概要

本市北区の陸上自衛隊北熊本駐屯地の20代の隊員が、酒を飲んで運転したとして停職4か月の懲戒処分を受け、さらにこの隊員と同じ連隊の30歳の隊員が空き家に侵入して金などを盗もうとしたとして窃盗未遂で逮捕されました。

懲戒処分を受けたのは、北熊本駐屯地にある西部方面特科連隊に所属する22歳の陸士長です。

陸上自衛隊によりますと、陸士長は去年10月、鹿児島県の薩摩川内市内で酒を飲んで車を運転し、道路脇のコンクリートブロックなどに衝突する事故を起こし、警察に検挙されました。

陸士長は薩摩川内市にある実家に帰る途中だったということで、陸上自衛隊は29日付で停職4か月の懲戒処分としました。

陸士長は、30日付けで、依願退職する予定だということです。

また、逮捕されたのは同じ西部方面特科連隊の3等陸曹、坂井央司容疑者(30)です。

警察によりますと、坂井容疑者は、先月中旬から今月中旬ごろまでの間、熊本市北区のだれも住んでいない住宅に侵入し、金などを盗み取ろうとしたとして窃盗未遂の疑いがもたれています。

住宅を管理する女性の通報を受けて、警察が防犯カメラなどを調べ、容疑者の特定に至ったということです。

調べに対し、坂井容疑者は「借金の返済にあてようと思った」と話し容疑を認めているということです。

西部方面特科連隊の栗木幹雄連隊長は「地域に不安を与えるとともに国民の信頼を裏切ることになり誠に遺憾です。隊員の指導を徹底し、再発防止に努めます」としています。

引用:https://www3.nhk.or.jp

自衛官が飲酒運転をしていたり、窃盗未遂をしていたりと一つだけでもかなりショックな事件ですよね・・・

今回の事件で地元住人の方からの信頼も下がってしまったかもしれないですね・・・

災害時など、我々を助けてくれる自衛隊員の不祥事、今後同じような事件が起きないよう対策を徹底さてほしいですね!!

スポンサーリンク

事件が起きた場所は??

飲酒運転の事故が起きた場所は鹿児島県薩摩川市内ということです。

熊本県から鹿児島に帰宅する際にお酒を飲んでいたと報道されていますがかなりの距離をお酒を飲んだ状態で運転していたんでしょうね・・・

地図で見てわかる通りかなり距離がありますね。

人を巻き込んだ事故を起こさなくて本当に良かったですね!!

この距離をお酒を飲んだ状態で帰宅していたとすると常習的に飲酒運転していた可能性もありますよね・・・

窃盗未遂が起こった場所は熊本市北区の空き家ということです。

お金に困っていたようですがギャンブルなどで作った借金じゃなければいいですね・・・

普段人命救助のための厳しいトレーニングもしているであろう自衛隊員の方がこのような犯行に手を染めるほど困窮した状況だったのでしょうか・・・

坂井央司容疑者の顔写真、Facebookなどについて。

今回の事件の報道では顔写真などの公開は無く、SNSに関しても実名で登録している可能性の高いFacebookなどを探しましたが発見に至りませんでした。

今後発見でき次第加筆していきます

まとめ

今回自衛隊員の不祥事という大変残念な事件が起きてしまいましたが飲酒運転、窃盗未遂と、一歩間違えば死者が出てしまう可能性があるものですよね。

これでは自衛隊に対して悪い印象を抱いてしまいますよね・・・

今後同じような事件が起こらないよう徹底してほしいですね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする