嵐・大野智「24時間テレビ」Tシャツ15年ぶりに担当!賛否の声も

国民的アイドルグループ嵐の5人がパーソナリティをつとめることが決まった『24時間テレビ42 愛は地球を救う』のチャリTシャツが披露されそのデザインにネット上で賛否の声が上がった。

嵐・大野智さんのプロフィール

引用:https://www.iwate-np.co.jp

名前 : おおの さとし

愛称 : 大ちゃん・智くん・大野くん・リーダー

出身地 : 東京都

身長 : 166㎝

メンバーカラー : 青

大野さんはジャニーズを辞め絵の関係の仕事に就こうとしていた時もあり社長に辞意を伝えたことも…

ですが辞意を伝えたところジャニーズJrのレコーディングを手伝って欲しい。と言われ手伝って歌ったのが嵐のデビューシングル「A・RA・SHI」でした。

その後社長に遊びに行くと誘われついていった先のハワイで嵐のデビュー会見がおこなわれました。

社長が手放したくないと思わせるほどの魅力が大野さんにはあったんですね!!

大野智さんの絵はどうなのか

引用:https://jisin.jp

大野さんさんは絵をかくのが好きで小学生のころからよく描いていたと語っています。

ストレスの発散でもゆっくり休憩をとるよりも集中して絵を描いているほうがいいと語っていることからも本当に絵を描くのがすきなんですね。

また、2008年には表参道ヒルズの「スペースO」で初の個展が開催!!二回目の個展は7年後の2015年に上海と東京にて開催され連日長蛇の列で大盛況だったらしいです。

子供のころから好きだったことで個展まで開ける実力と評価をもらうなんて凄いですよね!!

大野智さんデザインのチャリティーTシャツ

引用:http://www.ntv.co.jp

毎年恒例の大型特番「24時間テレビ」のチャリティーTシャツが6月8日に放送されたバラエティー番組『嵐にしやがれ』の番組終盤に披露されました。

今年の3月、史上最多となる5回目の「24時間テレビ」メインパーソナリティーを務めることが決まった「嵐」売り上げ金がそのまま寄付金となるチャリティーTシャツのデザインを2004年以来15年ぶりに大野さん単独でデザインをすることになり、

今回のテーマ「人と人~ともに新たな時代へ~」から『固く握り合った手』を表現しました。

この固く握り合った手には「手と手をがっちりと握り合って、新たな時代につながっていく」という意味が込められています。

手の中には笑ったり、泣いたり、叫んだり…様々な感情が描かれておりその中でも新たな時代へ助け合っていこうというメッセージが込められています。

デザインの一番上にある蓮の花には人生いろいろあるけれども、最後はハッピーに花を咲かせましょう!という意味であり、゛蓮の花〟を描いたことについて、

「蓮って泥の中から一本生えていく、それがめちゃくちゃきれい。まるで人生みたいだから」

と語った。爪には「嵐」メンバーのイニシャルが描かれてています。大野さんは1ヶ月かけて書いたという作品への思いを語ると、「すごいポンポン、描きながら(アイデアが)降りてきた」とそのときの心情を明かした。

まとめ

このデザインを見たスタジオでは「すごい!!」と絶賛されていた。

「嵐」のファンの方々からもネット上で「初めてチャリティーTシャツが欲しいと思った!」や「大野さんデザインってすごい…ブランドとしては発売してほしい」など称賛の声が相次いだ。一方、斬新なデザインに違和感を覚える人も少なくなかったようで「ごめんなさい…やっぱこの絵は苦手…」や「点とゆーか丸?の集合してる感じが苦手…」など否定的な意見も見受けられた。

賛否含んだ大野智さんデザインのチャリティーTシャツですが6月15日発売され現在売り切れが続出しており転売までされるまでになっている。

斬新な人がデザインだからこそ好き嫌いがはっきり分かれる形になってしまいましたが大野さんが心を込めたデザインだったからこそ多くの人にうけいれられたんだろう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする