鳥取県市役所職員の森本実容疑者飲酒運転の疑いで逮捕!知人身代わりか!?

鳥取県の市役所職員、森本実容疑者が飲酒運転の疑いで逮捕されました。

当初知人の沢敏範容疑者が森本実容疑者をかばう証言をしており身代わりになった経緯も警察により調査が進められています。

このニュースを詳しくまとめ、ネットの反応などもまとめてみました。

スポンサーリンク

事件の詳細

鳥取市役所の職員・森本実容疑者(53)は12日午後10時半前、酒を飲んだ状態で車を運転した疑いが持たれています。また、知人の沢敏範容疑者(67)は、自分が運転していたと嘘の報告をした犯人隠避の疑いが持たれています。警察によりますと、「車が脱輪している」という110番を受けて警察官が現場に駆け付けると、沢容疑者は「自分が運転していた」と報告したということです。ところが、車の名義は森本容疑者だったため事情を聴くと、酒を飲んで運転していたことを認めました。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

飲酒運転はかなり厳しい罰則が科せられているにもかかわらず未だに飲酒運転での交通事故のニュースなどなくなりませんよね・・・

飲酒運転をすると教師などでは懲戒処分、一般企業でも解雇処分、クビ、になってしまいます。

お酒を飲んだら絶対に運転してはいけません!!もししてしまうと取り返しのつかない事故を起こす可能性はもちろん、社会人としての人生にも影響してしまいます。

今回の事件での刑罰は??

今回の事件では運転していた森本実容疑者とそれをかばう発言をした知人の沢敏範容疑者が逮捕されました。

この二人にはどのような刑罰が与えられるのか調べてみました。

飲酒運転で捕まった場合の刑罰は

酒気帯び運転 3年以下の懲役、または50万円以下の罰金
酒酔い運転 5年以下の懲役、または100万円以下の罰金

となっています。

森本実容疑者をかばう発言をした知人の沢敏範容疑者には犯人隠避の疑いがかけられているので

犯人蔵匿罪 罰金以上のに当たる罪を犯した者又は拘禁中に逃走した者を蔵匿し、又は隠避させた者は、3年以下の懲役又は30万円以下の罰金に処せられる(刑法第103条)。

引用:https://ja.wikipedia.org

といった罪に問われる可能性がありますね・・・

飲酒運転をすると自分だけでなく同乗者も巻き込んでしまうので飲んだら運転しない、させない。というのが大事です。

スポンサーリンク

ネットの反応

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

ネットでは森本実容疑者が市役所職員ということもあり

懲戒免職にならないのかなあ?飲酒で捕まれば公務員は首にするように条例でも作る自治体は無いのでしょうか?税金で飯食ってるのに甘くないか?

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

この手の事件でいつも気になるのは民間企業なら懲戒免職ですが、公務員はそうならないこと。
裁判所も公務員の懲戒免職は厳しすぎるとか判決出すぐらいですし。
公務員同士でかばっているとしか思えません。
お上こそ、厳しくするべきでは?

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

という意見が多くありました。

やはり飲酒運転を注意する側である市役所職員の飲酒運転に落胆の意見は多いですよね・・・

また、

飲酒した職員が最低な人だというのはわかるが、身代わりになった人も同罪ですよ。。 本当の友人なら職員を自首させるべきだと思う。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

という意見もありました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする