松野芳子容疑者の顔画像は?徳島県の県道で公務員の男性はねられる!?

28日、徳島県の石井町の県道で自転車を運転していた35歳男性が後ろから来た軽乗用車にはねられる事故が発生しました。

この事件について事件の詳細や顔写真やネットの反応をまとめました。

スポンサーリンク

事件の概要

28日未明、徳島県の石井町の県道で、自転車に乗っていた35歳の男性が、後ろから来た軽乗用車にはねられ死亡しました。
警察は軽乗用車を運転していた女を過失運転傷害の疑いでその場で逮捕し、その後容疑を過失運転致死に切り替え事故の原因を調べています。

28日午前0時25分ごろ、徳島県石井町の県道で、自転車に乗っていた石井町の公務員、吉岡優希さん(35)が、後ろから来た軽乗用車にはねられました。

吉岡さんは徳島市内の病院に運ばれましたが、胸や頭などを強く打っていておよそ3時間後に死亡が確認されました。

警察は、軽乗用車を運転していた阿波市土成町の事務員、松野芳子容疑者(45)を過失運転傷害の疑いでその場で逮捕し、その後容疑を過失運転致死に切り替えて事故の詳しいいきさつや原因を調べています。

現場は片側1車線の道路で、街灯はないということです。

引用:https://www3.nhk.or.jp

夜道で街灯のない道路での事故ですがこのような道路だからこそ注意深く運転してほしかったですよね・・・

また事故を起こした松野芳子容疑者の軽自動車が何キロ出ていたのかも気になりますね・・・

容疑は過失運転致死で捜査が進められているそうですがどのような原因があり事故に至ったのか、詳しくわかり次第加筆していきます。

事件が起きた場所は??

事件現場となったのは徳島県の石井町の県道ということです。

位置情報はこちらになります。

航空写真から田んぼが多い印象を受けますよね。

夜になるとかなり見通しが悪くなりそうですよね。

今回の事故では街灯が一つもなかったことも要因になってきているかもしれないので早急に設置してもらいたいですね。

スポンサーリンク

過失運転致死罪になるとどのような罪に問われるのか

今回松野芳子容疑者は過失運転傷害で逮捕されましたが過失運転致死に切り替えて捜査がされています。

では過失運転致死になるとどのような罪に問われるのでしょうか?

過失運転傷害と過失運転致死の違いはこちらになります。

過失運転傷害罪とは、自動車運転死傷行為処罰法(自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律)で定められている刑事罰で、交通事故で、過失により人に傷害を負わせてしまった場合の刑事責任です。

なお、事故により相手が死亡してしまった場合は、過失運転致死罪になります。過失運転傷害罪とあわせて過失運転致死傷罪と呼ばれることもあります。

引用:https://legalus.jp

過失運転致死の罰則はこちらになります。

過失運転傷害罪の罰則は、7年以下の懲役もしくは禁錮又は100万円以下の罰金です。

なお過失運転致死傷罪には反則金の制度がありません。そのため反則金を支払うことで起訴を免れることはできません。
もっとも、飲酒や薬物など危険運転とされるような要因がなく、けがの程度も軽微であって、かつ、初犯である場合には、執行猶予がつくことが多いようです。

また、罰金の金額は、被害者のけがの程度や被害者との示談が整っているかなどによります。
被害者との示談が成立している場合などは、刑が軽くなる可能性があります。

引用:https://legalus.jp

かなり重い罪になっていますが自動車は何の罪もない方の命を奪ってしまう可能性が常にあるものです。

今一度安全運転を心掛けなくてはなりませんね。

松野芳子容疑者の顔写真、Facebookなどについて。

今回の事件の報道では顔写真などの公開は無く、SNSに関しても実名で登録している可能性の高いFacebookなどを探しましたが発見に至りませんでした。

今後発見でき次第加筆していきます

まとめ

今回街灯のない片側1車線という狭い道であると思われる道での死亡事故が起きてしまいました・・・

危険な道こそ安全に細心の注意を払わなければなりませんよね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする