川俣勇人容疑者の顔写真は??飲酒運転で逃走し自動車と正面衝突!?

今年の5月、パトカーから逃走した車が対向車の自動車と正面衝突する事故が起き追突された自動車運転手の男性が死亡しました。

この事件について詳しくまとめ、容疑者の顔写真、ネットの反応までまとめてみました。

スポンサーリンク

事件の概要

今年5月、パトカーから逃げた乗用車が、軽乗用車と衝突し男性が死亡した事故で、男が逮捕された。

危険運転致死傷と酒気帯び運転などの疑いで逮捕されたのは、川俣勇人容疑者(22)。

警察によると、川俣容疑者は今年5月、栃木県宇都宮市で乗用車を運転中にパトカーに停止を求められたが、時速100キロ以上のスピードで逃走、対向車線にはみ出し会社員の工藤達也さん(46)が運転する軽乗用車に衝突し、工藤さんを死亡させた疑いが持たれている。

また、川俣容疑者と同乗していた男性も大ケガをした。

当時、川俣容疑者の呼気からは酒気帯び運転の基準値を超えるアルコールが検出され、警察は、川俣容疑者のケガの回復を待って、逮捕した。

川俣容疑者は容疑を認めているという。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

パトカーから逃げたせいで全くの無関係の方が亡くなってしまうなんて酷い話ですよね・・・

飲酒運転の取り締まりも昔に比べかなり厳しくなってきているにもかかわらず飲酒運転による事故や事件が無くならないですね。

今月だけでも4件の飲酒運転による事件、事故のニュースが報道されていました。

今後飲酒運転に対する更なる罰則の強化も必要だと思いませんか??

現在の飲酒運転の罰則は??

現在飲酒運転を行うと

酒気帯び運転 3年以下の懲役、または50万円以下の罰金
酒酔い運転 5年以下の懲役、または100万円以下の罰金

となっています。

今回の事件では被害者の方がお亡くなりになってしまっているので罰則は

「危険運転致死傷罪」です。アルコールや薬物の影響により、正常な運転が困難な状態で車を運転した場合に適用されます。負傷者を出した場合は「15年以下の懲役」、死亡者を出した場合には、「1年以上20年以下の有期懲役」となります。「懲役20年」は殺人と同程度の罪であり、かなりの重罪といえます。

引用:https://www.menkyo-school.jp

となっています。

かなり重い罪になっているとはいえ、自分は大丈夫という意識のドライバーによる事故は後を絶ちませんよね。

スポンサーリンク

川俣勇人容疑者の顔写真、SNSなど

川俣容疑者のFacebookなどの本名で行っている可能性のあるSNSを調べましたが発見には至りませんでした。

また顔写真については報道で公開されていましたのでそちらを。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

ネットの反応

死亡させたのではなく、殺害したと書いた方がいいと思ってしまう。
殺人罪に問えるハードルが高いのは、加害者を守るためになのかな?

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

少しでも同じような不幸を減らす為には、
警察からの逃走中に起こした事故には10倍の刑罰が課せられるよう法改正できればと思う!

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

被害者は46歳の会社員 家庭でも経済的に中心になって家族を守る為懸命に働いている。会社でも 勿論働き手の中心になり会社をそして部下を引っ張っていたであろう 人の命を 自分の飲酒運転という犯罪行為で奪う。同乗者も同罪である
被害者の家族の事を思うと 厳罰に処してほしい

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

飲酒運転は殺意が有るって事にしたらいい。
逮捕内容は殺人にして欲しい。
隣の奴も殺人幇助で逮捕。

罪が軽過ぎる。
飲酒運転の罰金も増やそうよ。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

とりあえずは10年以上は出さないでほしいですね。何回も飲酒運転の事故記事を見てきましたが、刑罰が軽いから飲酒運転をする輩がいなくならないんだと思う。

飲酒運転どころか酒気帯びだけでも計画殺人と同じくらいの刑罰にしてはどうでしょうか?

アルコール摂取での運転なんて無差別のテロ行為と変わらない気がします。何処で誰にどんな被害を与えるか検討もつかないわけですから。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする