池上茂潤容疑者、飲酒運転でひき逃げか??鹿児島市で原付バイクに衝突

鹿児島市で27日、35歳の男性がひき逃げされるという事件が起きました。

逮捕された男性は追突事故を起こし酒気帯び運転で現行犯逮捕されていました。

この事件について事件の詳細や顔写真やネットの反応をまとめました。

スポンサーリンク

事件の概要

27日未明、鹿児島市の交差点で起きたひき逃げ事件で、24歳の整備士の男が逮捕されました。

ひき逃げなどの疑いで逮捕されたのは、鹿児島市西陵2丁目の整備士、池上茂潤容疑者です。
警察によりますと池上容疑者は、27日、午前0時40分頃、鹿児島市武2丁目の交差点で、信号待ちのミニバイクに普通乗用車で追突し、逃走した疑いがもたれています。
ミニバイクを運転していた男性は、意識不明の重体です。
池上容疑者は、直後に同じ交差点で、別の事故を起こし酒気帯び運転で現行犯逮捕されていました。
警察の調べに対し、池上容疑者は、容疑を認めているということです。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

ひき逃げに加えて飲酒運転までしていたなんてかなりショックな事件ですよね・・・

被害にあわれた方はまだ意識不明ということで様態が気になります・・・無事ならいいですが・・・

ひき逃げを起こした時間も深夜の0時と遅いことからかなりお酒を飲んでいた可能性がありますよね。

ひき逃げの10分後に衝突事故を起こしていることからも正常な判断ができなくなるまでお酒を飲んでいたんでしょう・・・

このような理由で事件に巻き込まれてしまった被害者の方の怒りはかなりのものでしょう・・・

事件が起きた場所は??

事件現場となったのは、鹿児島市武2丁目の交差点ということです。別の報道では鹿児島市の武岡トンネル出口付近と報道されていました。

位置情報はこちらになります。

引用:https://www.google.com

池上茂潤容疑者の顔写真、Facebookなどについて。

今回の事件の報道では顔写真などの公開は無く、SNSに関しても実名で登録している可能性の高いFacebookなどを探しましたが発見に至りませんでした。

今後発見でき次第加筆していきます

飲酒運転、ひき逃げはどのような罪に問われるのか

今回にで池上茂潤容疑者は飲酒運転とひき逃げの罪に問われることになりますよね。

現在飲酒運転を行うと

酒気帯び運転 3年以下の懲役、または50万円以下の罰金
酒酔い運転 5年以下の懲役、または100万円以下の罰金

となっています。

今回の事件では被害者の方がお亡くなりになってしまっているので罰則は

「危険運転致死傷罪」です。アルコールや薬物の影響により、正常な運転が困難な状態で車を運転した場合に適用されます。負傷者を出した場合は「15年以下の懲役」、死亡者を出した場合には、「1年以上20年以下の有期懲役」となります。「懲役20年」は殺人と同程度の罪であり、かなりの重罪といえます。

引用:https://www.menkyo-school.jp

となっています。

かなり重い罪になっているとはいえ、自分は大丈夫という意識のドライバーによる事故は後を絶ちませんよね。

ひき逃げに関しては

自動車、原動機付自転車、トロリーバスまたは路面電車の運転者が、人身事故に係る救護義務・危険防止措置義務に違反した場合には、道路交通法第117条第1項により、5年以下の懲役または50万円以下の罰金に処される。

なお、同条第2項により、人身事故が「人の死傷が当該運転者の運転に起因する」ものである場合に、救護義務・危険防止措置義務に違反した場合は、罰則は10年以下の懲役又は100万円以下の罰金となる。

なお、運転者以外の「その他の乗務員」(前述参照)が犯した場合には、同法第117条の5第1項により1年以下の懲役又は10万円以下の罰金に処される。

引用:https://ja.wikipedia.org

となっており池上茂潤容疑者にどのような罪状が言い渡されるかはわかりませんがかなり重い刑罰になりそうですよね。

ネットの反応

どれだけタバコが値上がりしても喫煙者が0になることはなくある一定数は吸うようにどれだけ厳罰化しても必ず一定数は飲酒運転する。もうそのレベルに到達していると思う。つまり今飲酒運転している奴にモラルやマナーを問いかけも無駄。
新たな対策な必要なフェーズにきている。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

二件も事故を起こして一件目はひき逃げ…。
恐ろしいやついるね。しかも酒気帯び。
死刑でよくない?

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

飲酒運転撲滅が叫ばれている中、こんな輩がまだおるんやな。
出来る限りの厳罰をお願いします。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする